6月以降に志望業界を変える際の注意点

そろそろ行きたい業界とかを増やそうかしら?

きゃりあ屋

どうしたウホ?持ち駒を増やすのか?

そうなの・・
ちょっと持ち駒を増やそうと思っているのよね

きゃりあ屋

まあ、持ち駒を切らさない事は重要ウホね。
6月になると大手企業の締切が徐々に少なくなるからね。

きゃりあ屋

今の内に、持てるだけ持ち駒を増やすのは重要ウホね

きゃりあ屋

ただ持ち駒を増やしても、面接が全然受からないのは考えようだからね。

あんまりにも落ちすぎてる場合は、下記ページを見て欲しいウホ


(※一般的に文系就活生は20~30社をエントリーすれば1社内定を得ています。)

20社近く受けても内々定or最終面接の経験がない
30社近く受けても内々定が1社もない
という場合は気をつけましょう

きゃりあ屋

6月近くで、受ける業界を変更する場合は、
「就活し始めていた頃と比べて、現在は何が変わったのか?」を整理しておく必要があるウホ

え?何でこんな事聞いてくるの?

きゃりあ屋

理由は下記に載せておくウホ。

「就活し始めていた頃と比べて、現在は何が変わったのか?」という質問の意図


①今と現在の心境の変化はどんなものがあるのか?
また変わらないものや一貫した軸は何があるのか?を聞きたい



きゃりあ屋

企業は一貫していないキャリア、行動をする学生が嫌いウホ

きゃりあ屋

だから、一貫した軸がある事を企業側に示してあげる必要性があるウホ




②行きたい業界をしっかり定められなかった事について、どんな反省をしているのか?

きゃりあ屋

企業はしっかり反省ができる学生が好きウホ。


逆にしっかり反省しないで、PDCAを回せない学生は嫌われるウホ

きゃりあ屋

だから、自分の行きたい業界を定められなかった事は、シッカリ反省をする必要があるウホ

ふーん。行きたい業界を変える際には、面接官を納得させる理由が必要なのね。

きゃりあ屋

一貫した理由みたいなものがないと


「どうせ第一志望の業界受かんねーから、しょうがなく変えたんやろ」

みたいな事を思われてしまうウホ

きゃりあ屋

“しょうがなく業界を変えた奴”と思われると、


仕事長続きしない奴と思われて、採用対象から外れるから気をつけて欲しいウホ。

6月以降に新しく持ち駒を増やす方法

新しく持ち駒を増やす際の注意点は分かったけど、どうやって企業を探そう・・・

きゃりあ屋

そしたらオススメな方法として3つあるウホ

6月以降に持ち駒を増やす方法


①学校求人から探す

きゃりあ屋

学校の質が高いなら、この方法が一番間違いないウホ。

きゃりあ屋

急な内定辞退で2~3ほど、人材が足りなくなった大手企業がいる可能性も高いウホ

きゃりあ屋

ただ、いつ頃求人が発生するか?は分からないウホ

だから、こまめにチェックするのが良いウホね




②就活エージェントから探す

きゃりあ屋

こちらも同じく、急遽人手が足らなくなった企業が募集している可能性があるウホ

きゃりあ屋

ただ、求人内容が非公開だから
登録してみないと分からないのが面倒ウホ

きゃりあ屋

だから、取り敢えず登録して
求人内容ショボかったらスルーするのがベターウホね




③自分から採用サイトにメール問い合わせ、直接電話問い合わせ

きゃりあ屋

一番労力がかかる方法だけど、一番欲しい求人を見つけやすい方法ウホ

きゃりあ屋

また6月半ばあたりは、内定辞退とかも多いからタイミングによっては成功する可能性も高いウホ


(※業界3位以降、採用人数が多い企業が狙い目)

きゃりあ屋

ただ、自分の事に全く興味がない状態で採用が始まるから
それなりに気合入れて、面接しないと色々キツいウホ

どの方法で応募するにしてもタイミングが重要になるのね・・・

きゃりあ屋

まあ、求人ニーズって「そうだ京都へ行こう」レベルで急に生まれる事もあるからね

きゃりあ屋

特に6月~夏に掛けては、内定辞退なんかが多い。
急な理由で求人ニーズは生まれやすいウホ

急な理由で生まれるのであれば、広くアンテナを張っておく必要があるわね

取り敢えず、やれる事をやって持ち駒を最大限に増やすわ!

きゃりあ屋

まあ、それが良いウホね。
この時期ならヤル気次第で就活なんて挽回可能ウホ

最近の投稿