(営業、総合職志望の学生向け)野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウ

Q1
面接は5回以上、受けた事がありますか?
きゃりあ屋

「就活どうしよう?」とお悩みの方は、上の質問に回答してみると良いウホ

きゃりあ屋

そうすれば、回答内容に合わせてオススメの記事やサイトを紹介するウホ

営業職として活躍するには、どうしたら良いか?

ねえねえ。よく総合職=営業職って言うけどさ、
営業職ってどんな風な事をすれば活躍できるようになるの?やっぱり根性?

きゃりあ屋

そうだなあ。
業界や扱う商材によって、適正が色々だからね。

一概に「どうすれば活躍できるか?」を説明するのは難しいね。

あー確かに。
中の人が依然オススメしたデータを見ても、
同じ営業職でも求めている資質が結構違っていたからね。

↓参考データ
各業界に求められる営業職のスキル

きゃりあ屋

営業職は色々あり過ぎる為、
実践的なノウハウよりも精神論みたいな事を書かないサイトや本が非常に多いウホ。


(※”営業 コツ”、”営業 ノウハウ”と調べると色々わかります)

そうなると、
「総合職や営業職を志望している人は何をPRすれば良いか?」わからないわね。

きゃりあ屋

そういった人は
【営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】(著者:富田和成)
を読んでおくべきウホ。

きゃりあ屋

まあ、ぶっちゃけこの本を理解できれば、
このブログの価値が半分以上失われるウホね。

え?何それ?どういう事?

きゃりあ屋

このブログのノウハウみたいなものは、

この本の知識を抽象化して、就活生向けに置き換えたもの要素が非常に強いウホ。


(※おそらく6割ぐらいは、富田和成氏の本のエッセンスが含まれている)

きゃりあ屋

だから、【営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】を読めば、

「もうそれ知っているから、読まなくていいやwww」みたいな事が起きるウホ。

中の人は著者である富田和成社長の事大好きだからね。

この本に影響されてるのも、しょーがないね。

この本を学生に勧めたい理由

そう言えば、何でやたらこの本を勧めてるの?

きゃりあ屋

この本をオススメする理由は以下、2つウホ。

【営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】をオススメする理由

①就活にも通ずる営業としての心構えが書かれている

②営業マンとして必要な能力、キャリアプランが体系的に書かれている

確かに就活なんかも、
“自分という商材を売る”営業活動って言われているからね。参考になるかも

きゃりあ屋

その通りウホ。
特にこの本で書かれている”仮説思考”という考え方は、

面接でのPRを考える時や上司やクライアントに効果的な提案をする時に非常に役立つウホ。

営業なんて、根性と愛想で乗り切るのがデフォだと思ってたわ。

きゃりあ屋

そう言った根性論は確かに必要だけど、

そういった昭和風の島耕作スタイルで行くと
壁にぶち当たる可能性大ウホ。

あ~そうなのね。

きゃりあ屋

この本では、そういった根性論を無くして、
”営業スキル”を論理的かつ体系的に証明している。

「営業って何だろう?」と思っている人は一読しておくべきウホ。

簡単な本の内容

この本の内容なんだけど、どんな感じなの?

きゃりあ屋

ザクっと言えばこんな感じウホ。

本の内容の要約
①営業に必要なスキルの解説(仮説思考力、因数分解力etc)

②営業必要なマーケティング活動、セールス活動でやるべき事

③営業マンとしての思考法、マネージャーとしての働き方

きゃりあ屋

総合職志望の学生なら①.②には目を通しておいた方が良いウホ。

きゃりあ屋

①は面接で自分をPRする上での心構え、「”自分を売る”際にどうやって売れば良いか?」がわかるウホ。

きゃりあ屋

②は営業職としての職務理解ができるので、
コンピテンシーやら方法論を語る際に重宝するウホ。

へえ。就活にも役立つ本なら、見ておこうかしら

きゃりあ屋

新社会人で、総合職または営業職の新社会人は①、②、③を一通り読んでみると良いウホ。

きゃりあ屋

「営業マンとして、どうすれば活躍できるか?マネージャーとしてどうやったら活躍するのか?」などもわかるからオススメ。

きゃりあ屋

この記事の中で探し物がある場合は、下記の検索窓からググって欲しいウホ