(何となく起業したい人向け)起業に必要なスキルとオススメ業界をご紹介

Q1
面接は5回以上、受けた事がありますか?
きゃりあ屋

「就活どうしよう?」とお悩みの方は、上の質問に回答してみると良いウホ

きゃりあ屋

そうすれば、回答内容に合わせてオススメの記事やサイトを紹介するウホ

「起業したい人=ベンチャー企業」は本当?

このページでは、
個人事業主として、そこそこ稼いでいた個人事業主の浅い経験から、
起業について色々お話します。

きゃりあ屋

「一般のサラリーマンよりも少しだけ起業関連について詳しい人が書いている記事なんだなあ」

と思って読んで頂けますと幸いです。


(※何年間も売上を出している企業の社長さんと同じフィールドの人間が書いたと誤解されたくないです。恐れ多い。)

(※また現在、会社は無いですが登記簿も残っているので、詳細を話すと身バレに繋がります。詳細は話しません。お許しを)

私、将来は起業したいって考えているの。
ベンチャー起業の就職活動とか、どう思う?

きゃりあ屋

うーん。何でベンチャーよ?

私がベンチャーは良いと思っているわけじゃないけど・・・

「起業するには、事業立ち上げができる!大手企業よりも成長できる!ベンチャーが一番」みたいな事をベンチャー企業のイベントで言っていたんだよね。

きゃりあ屋

あー。よくある感じのイベントウホね。全く、ご苦労な事ウホね。

きゃりあ屋

目標や人にもよるけど、起業する事が目的なら一概にベンチャーを押せないウホ。

え、何で?

きゃりあ屋

理由は2つあるウホ。

起業したいなら、ベンチャーが成り立たない理由


①ヘボいベンチャー企業で事業立ち上げなんて意味がない。
(※副業や週末起業でも充分。)



副業や週末起業の場合はリスクが低い状態かつ、
サービス企画、営業や集客、会計処理等の一通りの事を自分でこなせます。
(※勿論、シッカリした技術やサービスを持ち、新規事業を立ち上げる土壌のある会社なら話は別です)




②ベンチャー起業で成長がデキるわけではない


大手企業の方が新卒社員の育成体制が充実しています。
経営が危ないベンチャー起業だと、「見て覚えろ!」みたいな放置プレイになるわけです。
言っちゃ悪いですが、こんな体制だと育つものも育ちません。
(※上記と同じ、優秀な社員を教育係に使えるシッカリしたベンチャー企業なら話は別です。)

ベンチャー企業は成長できる←「大手企業が成長できない!」という理由にはならない

あ~。そうよね。

私もベンチャー企業だけが成長できる環境だと思っていなかったわ。

でも、起業するのに必要なスキルって何かな?
これがわかれば、どんな企業に行けば良いかわかるような気がするんだけど・・・

きゃりあ屋

厳密に言えば、
「どのくらい儲けるか?」によって必要なスキルも色々変わってくるウホ。

きゃりあ屋

ただし、営業、集客(マーケティング)関係のお金を作るスキルは絶対必要ウホね。
ぶっちゃけ、この2つのスキルが無いと色々キツいウホね。


(※余裕があれば、マネジメント、会計、法律などの知識も身につけられると良いかと)

参考サイト
起業に必要だと言われているスキル

何で、営業と集客スキルが必要なの?

起業したいなら、集客(マーケティング)スキルは必須です

きゃりあ屋

どういった形態の事業スキームを組むか?にもよるけど、

集客が出来ないとお客さんを呼べないウホ。

きゃりあ屋

お客さんが呼べないと、

売上を作れないだけじゃなく、商品やサービスの良し悪しがわからない。
利益以前に商品や試作の良い悪いのPDCAが回せないウホ。

きゃりあ屋

お客さんがいない程、世の中地獄な事はないウホね・・・。
金もない、目標もない、やる事もないのトリプルパンチで色々アレな事になるウホ。

野球が上手くなるにしても、まずは試合に出ないと上手くならないからね。

まずは、実践を詰める環境を用意する事が大切なのね。

きゃりあ屋

しかも、店舗やオフィスなんか構えると、何もしなくても家賃を払うしかないウホ。

きゃりあ屋

この状態でお客がこないと売上マイナスという

ニート以下の社会的価値しか持たない生きる屍の完成ウホ。

起業したいなら、営業スキルは必須です

でも、営業スキルは何で必要なの?

きゃりあ屋

営業が出来ないと、利益率がどうしても良くならないウホ。

実際、オンラインとオフラインで商品紹介をした場合は利益率が全然違うウホ。

そうなの?大体どのくらい?

きゃりあ屋

商品によって違うから何とも言えないけど、

どんな商品でもオンライン上で販売するなら、
購入率10%を超える事はそうそう無いウホ。


(購入率=商品を買ってくれた回数/商品を見た回数とします)

きゃりあ屋

一方、オフラインならオンラインの数倍以上を出せる。
営業マン次第では、購入率30%とか50%みたいな話もあるウホ。

あー。それは利益率が全然違うわね。

きゃりあ屋

利益率が低いと、数でカバーするしかないから色々大変ウホ。

きゃりあ屋

利益率を無視して、数でカバーする方針の事業スキーム組んだら、ブラック企業まっしぐらウホ。

某格安居酒屋や某格安牛丼屋なんかみたいね・・・。

起業したいなら、どんな業界に行くのがベターなのか?

「起業したい人が必ずしもベンチャーに行くべきでは無い」
と言うのが分かったんだけど、起業したい人はどういう企業受ければ良いの?

きゃりあ屋

まあ色々あるけど、以下の条件を満たしている企業なら何でもアリだと思うウホ。

起業したい人が行くべき業界、企業の条件


①経営者と関わりが持てる

②人物金をバランスよく学べる業界

③営業、マーケティングをバランスよく学べる
きゃりあ屋

具体的に言えば、
金融(BtoB)、広告、人材、IT、コンサルあたりが良いと思うウホね。


(※総合職、営業職に限る)

無形商材系の企業ばかりね。

きゃりあ屋

色々な業界に関わる可能性が高いからね。
「どんな業界で起業すべきか?」なども見つかりやすいから非常に良いと思うウホ。

確かに「どんな業界で起業したいか?」なんて分からない人が殆どだからね。

きゃりあ屋

あと、これらの業界は優秀であれば、
転職もしやすいから起業で失敗した時のリスクマネジメントにも良いと思うウホ。


(※大手企業なら尚更、転職しやすい)

起業なんて大体の会社が失敗すると言われているからね。
失敗した後の事も考えないとね。

きゃりあ屋

失敗するのが嫌なら
祭りの出店、イベントやブログ、youtubeで金儲けをやってみると良いウホ。


集客の仕方やお金の作り方など色々良い経験になると思うウホ。

きゃりあ屋

ぶっちゃけ、どんな事業分野であったも年500万円以上の利益を作れないなら、
法人企業なんて作らない方が良いウホ。


普通にサラリーマンやった方がお金持ちになれるウホ。

まあ、足し算ができない人が掛け算に取り組むようなものよね。

きゃりあ屋

その通りウホ。
リターンがどのくらいあるか?わからないのにリスクを掛けるのは狂人としか言えないウホ。

きゃりあ屋

ベンチャー企業に入社する事も同じウホ。
“自分が仕事で活躍できるという”リターンがあれば問題はないウホ。


むしろ、出世も早いし、色々経験もできるから大手企業に入社するよりも断然良いと思うウホ。

きゃりあ屋

この記事の中で探し物がある場合は、下記の検索窓からググって欲しいウホ