(3分で分かる)面接官にデキる!と評価されるES作成のポイント8

ES添削をしてもらう上で大切な視点って何だろう?

きゃりあ屋

うわあああああああaaaaa

どうしたの?そろそろゴリラキャラに限界が来たのかしら?

きゃりあ屋

ES添削がダル過ぎるウホ。
時々、「ES添削してください」みたいなDM来るけど対応するのが大変過ぎるウホ。

何で?結構簡単だと思うけど

きゃりあ屋

いや、真面目にやれば凄い大変ウホ。
本人のキャラや持ちネタ、受ける企業の特徴、その他もろもろを確認しなくてはいけないウホ。

きゃりあ屋

しかも、就活生の書いている内容が間違っていたり、書いている内容がアレな場合だと
やんわり指摘したり、前提を話さなくてはいけないから悶絶ものウホ。

色々教える前提があったり、相手の事も聞かなくてはいけないから非常に大変ね。

きゃりあ屋

そうウホ。ES添削で見なくてはいけないポイントは3つもあるウホ。
簡単に流し読みして終わりとはいかないウホ。

ES添削をする上で見なくては、いけないポイント

①伝えている内容が正しいか?

②書いているエピソードが正しいか?伝わるものになっているか?

③その他(誤字脱字、整合性が取れているか?etc)

誤字脱字等が多いゴリラにしてはやたら、几帳面ね。

きゃりあ屋

当たり前ウホ。
誤字脱字はミスっても減点で済むけど、

きゃりあ屋

【言っている内容がミスってる事】や【伝えようとしている内容が評価されてない】

っていうのは減点以前の話。
点数になるか?ならないか?の話ウホ。

きゃりあ屋

点数になる?ならないの所でミスは許されないウホ・・・。
O型のいい加減なゴリラで慎重になるウホ。

へー。ESにも点数があるのね。

きゃりあ屋

当たり前ウホ。数字にして共有できないと仕事にならないウホ。

「数字や評価項目がないと就活生の何を評価して良いか?」わからないウホ。
だから、ESで見当違いな内容書いたら面接も撃沈確実ウホ。

あー。私変な内容のES提出して、ES通過して面接行けたけど突っ込まれて終わったわ。

一回提出しているから、後から改善もできない。負け戦だったわ。

きゃりあ屋

まあ、そういう事ウホ。
ESには正解がある。一回間違ったESを送ったら話すネタは縛られる。
評価されない内容を書いてしまったらアウト。

きゃりあ屋

しかも、ESには評価段階があってABC段階で評価されているウホ。

これによって選考の進み方なんかも結構変わるから、一概にESは通れば良いもんじゃないウホ。

ヘボいES書いたら終わりって事ね・・・

ES添削をする際の注意点&チェックポイント8選

きゃりあ屋

ESを書く際の注意点を載せておくウホ。
今後、ESを添削する時に色々見ておくと良いウホ。

ES添削をする際の注意点


①ESの質問の意図を理解しているか?

きゃりあ屋

相手の質問の意図を理解していないと0点です。
まず面接の質問をしっかり理解する必要があるウホ。




②志望業界、企業に話そうとしている内容は相手の求めているものか?

きゃりあ屋

面接官も上の指示で面接をしているウホ。
だから、ESの質問に正解はあるウホ。
「しっかり相手の欲しいものを提供しているか?」確認すると良いウホ。




③.②で話そうとしたものは、社会人として評価されるものか?

きゃりあ屋

評価されるPRを書いたとしても、
仕事で評価される内容でないと問題ウホ。
「仕事で利益を出す事に繋がるか?」考えてみると良いウホ。




④誤字脱字はないか?

きゃりあ屋

ESみたいなオフィシャルな書類で誤字脱字は良くないウホ。
声に出して、一読してみると良いウホ。




文書の一文は長くなり過ぎてないか?

きゃりあ屋

文書の一文が長くなると長いウホ。
一文に伝えたい事は一つを心掛けると良いウホ。
(※TwitterやLINEみたいに段落切れないと見にくくなります)




⑥主語、述語は離れ過ぎていないか?

きゃりあ屋

主語と述語の間に文字が沢山入っているとカナリ読みにくくなるウホ。

できるだけ、主語と述語の距離は短くしてみると良いウホ。




⑦文書の流れは適切か?接続詞の使い方は正しいか?

きゃりあ屋

文書の流れは大事ウホ。特に逆説と具体例の文を書く場合は、whatな状態になるウホ。




⑧主張(意見)と事実のバランスは適切か?

きゃりあ屋

事実だけ文書を書いてしまうと簡素になり過ぎて、非常に読み難くなるウホ。