(3分で分かる)仕事別に求められるコミュニケーション能力の違い

Q1
面接は5回以上、受けた事がありますか?
きゃりあ屋

「就活どうしよう?」とお悩みの方は、上の質問に回答してみると良いウホ

きゃりあ屋

そうすれば、回答内容に合わせてオススメの記事やサイトを紹介するウホ

職種毎に求められるコミュニケーション能力は微妙に違う

・・・

きゃりあ屋

どうしたウホ?

就活でコミュニケーション能力が求められるという記事を読んで、改めて絶望しているの・・・

きゃりあ屋

そんなにコミュニケーション能力に不安があるウホ?

いや、私引っ込み思案だし、あんまり明るくないから困ってるんだよね・・・。
やっぱりウェーイ系が就活では有利なのね。

きゃりあ屋

仕事で求められるコミュニケーション能力って色々だから、一概に暗い事は問題にならないウホ。

きゃりあ屋

面接で求められるコミュニケーション能力の大半は伝える力と聞く力
だから性格はあんまり気にしないで良いウホ。

面接で求められるコミュニケーション能力の大半は伝える力と聞く力

“伝える力”と”聞く力”って言ってたけど、どういう事なの?

きゃりあ屋

具体的に”伝える力”と”聞く力”を定義すると下記のような感じになるウホ。

コミュニケーション能力を上げる為に必要な力
①理解する力
②伝える力

①理解する力
→話題についての理解
→相手についての理解

②伝える力
→頭の回転の早さ
→話し方の流れ
→伝える人のキャラ、人柄

きゃりあ屋

まあ、詳しく知りたい場合は下記のページを参考にしてもらうと良いウホね。

「コミュ障、面接オワタ」←正しい解決方法を理解、実践すればコミュ障は治せる

きゃりあ屋

下記のページは仕事に必要なコミュニケーション能力とコミュニケーション能力について書いてある。
興味がある人は一読してみると良いウホ。

職種によって必要なコミュニケーション能力は違う

きゃりあ屋

上記の話は技術職や一般職、総合職を全て合わせた話ウホ。

え?

きゃりあ屋

当たり前ウホ。
職種や仕事内容によって求められるコミュニケーション能力のタイプも微妙に違うウホ。

きゃりあ屋

例えば、営業適正を測るのに、
”正しく話が聞けて分かりやすく話すだけ”で適正アリと見なされるわけないウホ。

まあそうよね。

きゃりあ屋

種類別に必要なスキルを分けるとこんな感じウホ。

職種毎に求められるコミュニケーション能力と目的の違い

社外の顧客とコミュニケーションを取る仕事

きゃりあ屋

社内の人と働くよりも、
短い時間で信頼関係を築いて、利益を優先させた付き合いが必要になるウホ。




社内の人とコミュニケーションを取る仕事
きゃりあ屋

社外で働くよりも、
長い時間を掛けて信頼関係を築いて、色々なしがらみ(人間関係や社内の決まりなど)を考慮した付き合い方が必要になるウホ。




利益を作る仕事
きゃりあ屋

顧客に商品を買わせる為に「商品を欲しい」と思えるような提案やPRを行い、相手を動かす必要があるウホ。




受けた仕事を処理する仕事
きゃりあ屋

受けた仕事を確実かつスピーディーにこなす為に「相手が望んでいる事は何か?」を正確に把握して、
実現可能な形に調整する必要があるウホ。


(※企業や業界によって仕事内容も違いますので、上記はあくまでも参考程度に見て頂けますと幸いです。)

こうやってみると、
職種毎の目的や働き方とかって大分違うのね。

きゃりあ屋

そうだね。
更に言うと現場で働く社員と管理職ではコミュニケーションの幅が大分違うウホ。

きゃりあ屋

現場で働く社員は部内間のコミュニケーションが殆どで、
管理職になると部署外のコミュニケーションが増えてくるウホ。

成る程ね。
そうなると現場社員と管理職で求められるコミュニケーション能力も変わってきそうね。

きゃりあ屋

そうウホ。
だから、現場の経理やシステムエンジニア(他社勤務を除く)なんかは求められるコミュニケーション能力としては、
営業職と比べると一般的に低い傾向にあるウホ。

就活に困った場合は、受けてる職種を変えてみる

きゃりあ屋

求められるコミュニケーションのタイプも水準も違う。

だから、職種を変えて面接を受けてみると意外と上手くいったりするウホ。

就活が上手くいかなかった場合は、一つの手かもね。

きゃりあ屋

ただ経理やマーケティング職なんかは、
少数精鋭で採用やってる企業が多いから、一概に面接が通りやすいとは言えないウホ。

何で少数精鋭で採用をやっている企業が多いの?

きゃりあ屋

理由は2点あるウホ。


①部署の人数が少ないので、採用ミスができない
②採用回数が少ないので、採用教育ノウハウが少ない

成る程ね。

そうなるとコミュニケーション能力がないからと言って、他の職種を受けても内定が出るとは限らないのね。

きゃりあ屋

そういう事ウホ。採用倍率は採用人数にもよって倍率は変わる。

きゃりあ屋

そう言った意味で言えば、
システムエンジニアや店舗管理職は採用人数が多いから、倍率は低いウホ。

きゃりあ屋

この記事の中で探し物がある場合は、下記の検索窓からググって欲しいウホ