「10年後の自分は?」という質問の意図と対処法

「10年後の自分は?」という質問は考えていないと答えられない

「10年後の自分は?」と聞かれた・・・。
そんな先の話わかるわけないっつーの

きゃりあ屋

あー、この手の質問は答えにくいウホね。


しっかりと対策出来ているか?出来ていないか?で返答のしやすさが大きく変わるウホ。

「10年後どうなっていたいの?」という質問への対策とかってデキるのかしら?

きゃりあ屋

その業界内のキャリアプランをある程度理解していれば、答えられる質問ウホ。
仮に答えられなくても、それなりに答えは出せるハズ。

きゃりあ屋

ただし、この質問に答える為には、
30代半ばの社員のキャリアプランを採用サイトや座談会、説明会で聞き込みして理解する必要があるウホ。

ある種、情報を取りに行こうとする主体性を試されてる質問なのかもね・・・

きゃりあ屋

こんな言い方は悪いけど、
”その業界や企業に本気で入るつもりがある学生”でないと答えられないウホ。

きゃりあ屋

面接官としたら、学生のモチベを試す良い質問と言えるウホ。

面接官が【10年後の自分】を聞く理由って何?

でも何で”10年”なのかしら?

きゃりあ屋

「10年後の自分は?」という質問の意図を載せておくウホ。

10年後の自分は?と聞く意図

①マネージャー、スペシャリスト、経営企画など、どんな仕事で活躍したいのか?を知りたい
②単純に将来について、しっかり考えているのか?を知りたい

きゃりあ屋

補足させて欲しいウホ。


30歳を越えれば、キャリアプランも人それぞれになりやすいウホ。
管理職をしていたり、部署が変わって企画系の仕事をやっていたり、本当に色々ウホ。

確かに10年の月日は長いわね・・・

きゃりあ屋

しっかり学生の事を考えている会社だと、
学生の10年後なりたい姿と企業の目指すべき方向性が一致しているか?考えてくれているウホ。

10年後の自分と会社が一致しているか・・
そんな先の将来まで考えてくれてるなんて、良い会社ね。

きゃりあ屋

確かに。
しっかり学生の将来を考えていない会社じゃないと、

10年後の事は考えさせないウホ。

10年後の自分は?という質問の対策

意図はわかったけど「10年後の自分は?」という質問に答えるには、
どうしたら良いのかしら・・・

きゃりあ屋

一番良い対策は、
採用サイトや座談会、OB訪問等で
その業界の様々なキャリアプランを集める事ウホ。


(※業界のよってはキャリアプランが探しにくい業界があります。そういった場合は座談会や説明会、OB訪問などで聞き込みをするしかありません)

参考になるキャリアプランを集めないといけないのね・・・

きゃりあ屋

この質問はベースとなるキャリアプランがないと夢物語になりがちだからね。


自分で下手な妄想を作り込まないで、現実と向き合ってしっかり考える必要ウホ。

何で夢物語だと、問題があるの?

きゃりあ屋

企業として、一番困るのは学生とミスマッチして早期離職してしまう事ウホ。


夢見がちな学生だとこのミスマッチの可能性が大きいウホ。

きゃりあ屋

夢見がちな学生は、面接の時は理想を色々語るけど、


いざ仕事をしてみると
「思っていた仕事と違う」みたいな感じですぐ辞めてしまう傾向があるウホ。

成る程ね。
辞めない人間と思われない為に、キャリアプランに現実感を持たせる必要があるのね。

きゃりあ屋

そういう事ウホ。
だから、キャリアプランを作る際は、
事実に基づいた実現性があるものを作るべきウホ。

きゃりあ屋

まあチャレンジ意欲が高いキャリアプランを話すにしても、
下記の質問を見ながら実現性を意識して、しっかり考えるべきウホね

キャリアプランを考える際の質問

①××年後、どんな風になっていたいか?

②どんな事がデキていれば、①が達成したと言えるのか?

③①を達成するにはどんな事をやる必要があるか?またはどんな能力が必要か?

④今現在の自分の状態を考えると、1日1日どんな努力をしないといけないか?

きゃりあ屋

下の質問は、直接社員に質問する時に使って欲しいウホ

>キャリアプランを掴む質問
①この仕事をやってみて、どんなスキルが身についたと思いますか?


②ゼネラリストとして働く事が多いか?スペシャリストとして働く事が多いか?

類題、5年後はどうなっていたいの?

「5年後はどうなっていたの?」と聞かれた場合はどうしたら良いのかしら?

きゃりあ屋

基本的な答え方は「10年後の自分は?」と一緒ウホ。


参考となるキャリアプランを探して、
目標に向かって1日1日どんな努力をすべきか?を自分なりに理解して話せる状態にしておくのが理想ウホ。

きゃりあ屋

ただし、5年後について聞いてくる場合は、
管理職や専門職で活躍しているというよりも


・プレイヤーとしてどんな活躍しているか?

・どんな目標に向かって努力しているのか?

を見られているウホ。

そう考えると10年後の事を考えるよりは大分楽ね。

きゃりあ屋

まあ楽ウホね。
特に「10年後にどうなっていたいか?」よりも未来の自分像について抽象的が高い返答でも良いから、
余計に楽ウホ。

きゃりあ屋

ただし、基本は10年後の話と意識する事は変わらないウホ。


だから同じようにその業界のキャリアプランについて把握しておく必要があるウホ。