「やりたい仕事ができなかったら、どうする?」と聞かれた際の伝え方2つ

Q1
面接は5回以上、受けた事がありますか?
きゃりあ屋

「就活どうしよう?」とお悩みの方は、上の質問に回答してみると良いウホ

きゃりあ屋

そうすれば、回答内容に合わせてオススメの記事やサイトを紹介するウホ

「希望しない部署に配属されたら、どうする?」「やりたい仕事ができなかったら」と聞くのは、何で?

「希望していない部署に配属されたら?」と聞かれたわ・・・

正直、こんな質問されたらどうしようもないわね・・・

きゃりあ屋

「希望していない部署に配属されたら?」「やりたい事デキなかったら、どうする?」みたいな事を聞かれる人は、


志望動機を具体的に練りすぎているから、気をつけて欲しいウホ。

きゃりあ屋

やりたい事が具体的過ぎると、企業のやりたい事とかみ合わない。
これだと、志望動機として微妙だから気を付けて欲しいウホ。

具体的に練りすぎているとか・・・


どうすれば抽象的に志望動機を話せばよいのかしら・・・

きゃりあ屋

そうウホ。
自分のやりたい事を企業のやりたい事と重なるように、
やりたい事を目的と手段に別けて考えるべきウホ。

目的を考えれば、自分のやりたい事を抽象的にデキそうね。


でも、元々のやりたい事が具体的で「これ以上譲りたくない!」という場合はどうすれば・・・

きゃりあ屋

そういった譲りたくない場合も合わせて、下記に対策を載せておくウホ。

「希望していない部署に配属されたら?」「やりたい事デキなかったら、どうする?」


①拘りがない場合
自分の関わりたい部署、希望の仕事についての目的を話し、
「その目的さえ達成されれば、どんな部署でもOK」
というスタンスで話す


②拘りがある場合
「☓☓がデキます。僕を希望部署に配属した方が利益になりますが、いかがでしょうか?」
と相手側のベネフィットについて話して、交渉を行う
きゃりあ屋

本人の希望次第だけど、
基本は①をオススメするウホ。

なんで?

きゃりあ屋

基本的に日系企業は総合職採用は、
会社都合で色々な部署にジョブローテできる人材を前提に採用するウホ。

きゃりあ屋

だから、基本は「これがデキなきゃ嫌だ!」というスタンスでいくよりも


「どんな仕事でもOKです」みたいなスタンスの方が歓迎されるウホ。


(※その企業のジョブローテ文化にもよります)

きゃりあ屋

参考までに①の目的について話すやりとりを載せおくから、参考にして欲しいウホ。

(※設定:志望部署が人材紹介の場合)

きゃりあ屋

志望部署が人材紹介部門とあるのですが、
もし違う部署に配属されたら、どうしますか?

就活生

はい大丈夫です。
人材紹介に関わりたい目的は、様々な企業や人を知りたいからです。


ですので、色々な企業に知れる仕事であれば喜んで仕事をさせて頂きます。

きゃりあ屋

(色々な仕事に関わりたい事が目的なら、人材派遣や求人広告部門でも良さそう。)

総合職採用は、営業兼便利屋さん探しの採用

総合職採用って、自分がしたい事を何でもできるわけではないのね・・・

きゃりあ屋

(企業がしたい事に対して)何でもできる仕事=総合職ウホ。

職業の自由も糞もないわね。

きゃりあ屋

ここら辺は、日本の就活のダントツで糞な所だと思うウホ。

きゃりあ屋

職種が固定されて、部署だけ変わるだけなら良いけど、


職種が変更されると職歴なんかもリセットされるから、転職もし難くなるウホ。


(※また扱う商材や顧客が変わる事により、職歴もリセットされる可能性があります)

職歴をリセットされると、どんな事があるのかしら・・・

きゃりあ屋

転職不利になるウホ。
職歴というのは、DQやFFで言う所の熟練度みたいなものウホ。


転職する時の条件を職歴として設定している企業が殆どウホ。

きゃりあ屋

そして、転職では賢者やバトルマスターみたいな複数の職業経験を求めるジョブは殆どない。


一つの職業を極めた人が有利な傾向があるウホ。

という事は、
例えば営業2年、総務2年やった人と営業4年やった人なら、


営業4年やった人の評価されるのかしら?

きゃりあ屋

そういう事になるウホ。
基本は一つの仕事を極めた方が強いウホ。


(※職種によっては、複合した職種経験が活きる事はある)

職歴に拘る人は、面接官に交渉してみよう

職種って、大事なのね・・・
そしたら、職種に拘っていきたいわ!

きゃりあ屋

そういった場合は、
②の「自分のデキる事をPRして、お買い得ですよ~」というPRをすると良いウホ。

きゃりあ屋

ただ、②のスタンスで話す際は、以下の条件を満たしていない場合は危険ウホ。

自分のデキる事をPRして、お買い得ですよ~」話す際の注意点


①自分の希望の仕事に対して、企業側の需要がある事

②自分の希望の仕事に対して猛烈なウリがあったり、経験がある事

こっちに猛烈なウリがあったり、相手にニーズがないと使えないのね・・・

きゃりあ屋

交渉をするには、
相手にメリットがあったり課題がないと交渉にならないウホ。

そんなウリなんてないわよ・・・

きゃりあ屋

そういう事ウホ。
恐らく、大半の学生にはウリがないはずウホ。


だから、企業側に需要がない場合は危険ウホ。

でも、そんな事分からないわよ

きゃりあ屋

そしたら、IR情報を調べると良いウホ。


企業の財政状況や経営課題なんかが書いてあるウホ。

IR情報って、どこにあるの?

きゃりあ屋

基本は企業のホームページにあるウホ。


ただ、引っ張ってくるのが面倒な場合は下記のUlletなんかを見ても良いと思うウホ。

へー。色々な企業のIR情報があるわね・・・便利そう。

きゃりあ屋

サラッと知りたい場合は、このUlletを使うのが一番効率が良いと思うウホ。

きゃりあ屋

就活まで「半年〜1年以上時間がある」という学生は、下記のurlの記事を見ておくと良いウホ

きゃりあ屋

学歴に不安があったり、夏インターンがボロボロな人向けに、やった方が良い事を色々書いておいたウホ

きゃりあ屋

また、この記事の中で探し物がある場合は、下記の検索窓からググって欲しいウホ

The following two tabs change content below.
人材業界のマーケティング職に就労するゴリラ。

この記事を書いた人

きゃりあ屋ゴリラ

人材業界のマーケティング職に就労するゴリラ。