就活で必要な業界研究のゴールとオススメの方法3つを解説

業界研究は1週間もいらない。効率を重視しよう

うーん・・

きゃりあ屋

どうしたウホ?

2週間後に面接控えてるんだけど、その面接をキャンセルしようと思うの

きゃりあ屋

何か予定でもあるウホ?

実は業界研究が終わってなくて、面接で何を話せば良いか?分かんないの。だから面接キャンセルしようと思っているわ

きゃりあ屋

・・・業界研究は大事ウホね。
内定を取る事を目的とするなら、それなりにやる必要はあるウホ

きゃりあ屋

ただし、1次面接通過するぐらいのレベルなら、業界研究なんて1週間以上調べる必要ないウホ

え!1ヶ月ぐらい必要だと思ってたわ!

きゃりあ屋

1ヶ月も調べていたら、面接なんて一生受けられないウホね・・・

業界研究は仕事内容について理解すれば大丈夫

きゃりあ屋

まず確認なんだけど、業界研究の目的って何ウホ?

面接を通過する為に、面接で聞かれる質問に上手く受け答える事が目的ね

きゃりあ屋

そうウホ。面接の質問に答える事が目的ウホ

きゃりあ屋

そして、面接の質問で聞かれる質問の意図の8割以上は「キミって仕事できんの?」「キミってウチの仕事やりたい?」の2択ウホ

え!

きゃりあ屋

詳細を知りたい人は、下記の面接の質問一覧を見て確かめて欲しいウホ

面接って大きく聞かれるのは、この2つだけなのね・・・

きゃりあ屋

だから、この2択に答えられるようにする事が業界研究の目的と言えるウホ

きゃりあ屋

この2つについて答えるには、何について調べるのが重要だと思う?

うーん、何だろう?仕事内容かしら?

きゃりあ屋

そうウホ。仕事内容について聞かれる事が殆どだし、面接官も学生を労働者として採用する目的で色々質問しているウホ

きゃりあ屋

だから、仕事内容について調べる事が重要ウホね

仕事内容を理解するには、ヒトモノカネを理解しよう

でも、仕事内容の何について知れば良いのかしら?

きゃりあ屋

サラリーマンの仕事の目的は9.9割利益を作る事ウホ

きゃりあ屋

そして、利益を作る為には①商品を売って売上を作るか?②作業効率を上げてコストを下げるか?この2択しかないウホ

きゃりあ屋

だから、この2つの目的を達成する為に、その業界、企業で働く人がどんな事をやっているか?調べてみると良いウホ

わかった!やってみるわ!

でも、具体的にどんな所を見れば良いんだろう?具体的に教えて欲しいわ

きゃりあ屋

仕事内容にもよるけど【ヒト・モノ・カネ】という切り口でみるとと、その仕事の内容が理解しやすいと思うウホ

きゃりあ屋

具体的にやるとしたら、以下の質問項目に沿って探してみると良いウホ

仕事におけるヒトを知る為の質問
・社内のどんな人と働くか?
・社外のどんな人と働くか?


仕事におけるモノを知る為の質問
・商品におけるお客様はどんな人か?
・商品を開発してから、お金になるまでにはどんな流れがあるのか?


仕事におけるカネを知る為の質問
・商品の契約形態はどうなっているか?
・商品のビジネスモデルはどうなっているか?

仕事内容におけるヒトモノカネが分かると何が良いのかしら?

きゃりあ屋

その企業において必要は働き方というものが分かってくるウホ

きゃりあ屋

例えば、お客さんが医師を相手にする仕事か必要ならば、どんな能力が必要だと思う?

医療関係の知識が必要ね。あとはお医者さんは忙しそうね・・

あと仕事にスピード感が必要そうだったり、不規則な仕事になっても大丈夫な体力も欲しいわね

きゃりあ屋

このように色々予測できるウホ

成る程!これは良いわね。面接で何を話せば良いかイメージが湧くわね

きゃりあ屋

まあ、詳しい仮説の練り方、仮説を検証する為の方法については下記に記載しておく、興味のある人は見て欲しいウホ

仕事内容の調べ方

どうやって仕事内容について調べようかしら・・

きゃりあ屋

志望業界の採用サイトを5~10社ぐらい調べてみると良いウホ

きゃりあ屋

採用サイトを見れば、その企業のヒトモノカネは大方載っているウホ

採用サイトのどこら辺に載っているのかしら?

きゃりあ屋

社員の声なんかを見るのが良いと思うウホ

きゃりあ屋

2.3社調べれば、どこかしら仕事においてのヒトモノカネについて触れているウホ

きゃりあ屋

あとは、仕事において意識するべき事、必要な事についても書いてあるウホ

それは便利ね~。他にも仕事を調べる上で良い方法とかあるのかしら?

きゃりあ屋

後は、indeedなんかで志望業界と職種を入力して求人票を調べてみると良いウホ

きゃりあ屋

どんな人材を欲しているのか?どんな仕事をやるのか?端的に書かれているウホ

indeedって、そんな調べ方も出来るのね。利便性高いわね

きゃりあ屋

indeedは情報量が凄いからね。調べ物をするのにもオススメしたいウホ

きゃりあ屋

この記事の中で探し物がある場合は、下記の検索窓からググって欲しいウホ